この道を行けばどうなるものか。

こんばんわ。はじめです。

トップの写真がどこか当てた人がいたら100億円差し上げます。

アントニオ猪木さんと圓楽師匠が亡くなりましたね。

以前、人前でプレゼンをする際に猪木さんの

『この道を行けばどうなるものか。(中略)迷わず行けよ、行けばわかるさ。』

を引用させていただきました。

あーだこーだ言っても、行動が伴わなければ机上の空論。

行ってみないとわかりません。

あれこれ迷いながらも迷わず進んでみる。

後世まで残って欲しい言葉です。

~~~~~~~~~~~~~~~

今日はスポーツ観戦好きでおなじみの僕が、

2022年中で注目しているスポーツイベントトップ3を日程が近い順に発表します!

興味ない人も無理やり読んでください。

~~~~~~~~~~~~~~~

①10月2日。凱旋門賞。

競馬の世界最高峰レース、凱旋門賞が明日開催されます。

あまり詳しくない方もディープインパクトやオルフェーブルという競走馬の名前は聞いたことがあると思います。

しかし、彼らのように日本で最強と呼ばれた馬も世界最高峰の舞台では1位になれませんでした。

凱旋門賞制覇は日本競馬界の悲願と言われています。

そんな中、明日の凱旋門賞は日本馬がなんと4頭!

特にタイトルホルダーとドウデュース(武豊騎乗)はなかなかの期待値だと思います。

今年こそ悲願を達成して欲しい!

明日2日日曜の23時ごろに8チャンネルで中継されます。

~~~~~~~~~~~~~~~

②10月中。大谷の最終結果。

日々の大谷の活躍を楽しみにしている人は多いはず。

先日の8回途中までのノーヒットノーランは痺れましたね。

今シーズンも残すところあと数試合となりました。

昨年に続き大谷がMVP論争のど真ん中にいますが、大谷が2年連続でMVP取れるかどうかは残りの数試合での活躍に掛かっています。

規定投球回達成なるか。16勝目は?今季最終登板でノーノ―達成?連続試合安打15はどこまで伸びるか。100打点まであと8打点(たぶん)。しばらく止まっているHRはあと何本出る?三塁打の多さも実は1位を狙える。などなど気になるポイントは盛りだくさん。

どんな活躍をしても不思議じゃないスーパースター。

何かやってくれそうな予感がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

③11月20日開幕。サッカーワールドカップ。

実は世界での視聴者数がオリンピックを超えるスポーツ界の祭典、サッカーワールドカップ。

4年に1度の開催が迫っていることご存じでしたか?

通常夏前に開催ですが、今年は中東カタール開催のため猛暑を避けて11月開催となっています。

今の日本代表監督は森保一(もりやすはじめ)さん。

現時点ではじめピラミッドの頂点に君臨している人です。

しかしどうもファンの間では森保さんの評判は良くありません。

起用法がどうだの。招集メンバーがどうだの。

日本代表を愛するが故の叱咤激励であることは理解できますが、

森保監督には是非とも自分を信じて突き進んでほしいと思います。

まさに『迷わず行けよ、行けばわかるさ。』です。

その結果、日本初のベスト8進出を達成できたら最高ですね。

11月1日運命のメンバー発表がされるようですが、今年は招集枠が23人から26人に増えるし

それほど大きなサプライズはないと予想します。

ほんとにMFが激戦区すぎて気の毒です。

もしもサプライズがあるとしたら久保くん落選かなー。

~~~~~~~~~~~~~~~

以上、今僕が楽しみにしている2022年のスポーツイベントトップ3でした。

ここ2、3年なにかと世論を二分する話題が多く、なんだかギスギスしている日本ですが

スポーツの力で一つにまとまれたら最高ですね。

今年も残り3か月となった10月1日深夜のブログでした。

また来週!

2019ラグビーWカップのとき。周り全員知らん人

関連記事

  1. スクランブル交流会の参加者はどんな人が多い?

  2. 大河のように。

  3. himejiとhajimeって似てますよね。

  4. W杯とM1の話

  5. 7月のスクランブル交流会は?