会員制のフグ料理店へ行った話

こんばんわ。はじめです。

今日はすっかり秋ですね!涼しい!

夏が終わって嬉しいはずなのになんだか寂しいようなこの気持ちはなんなんでしょう。

今日はお誘いいただき大阪八尾の

会員制フグ料理屋へ行ってきました。

電車で約2時間、さらに超絶住宅街の中の車1台分の細い道を歩いて20分。

お店には表札や看板も上がっていませんでした。

昔ながらの屋敷を改良したお店
普通の門

中の様子はご想像に任せますw

招待してくれた会員さんとフグのコースなんて食べたことがない大人3名の計4名。

わいわいガヤガヤとコースを堪能しました。

ちょっといいコース料理って会話弾みますよね!

FBでは名前を伏せた料理です。

料理名なんだと思いますか?

正解は、、

「ハモとたくあんのおはぎ」でした!

急にハモなん!とか、食べてみてもたくあん入ってるの誰もわからんかったし、おはぎやし。

これは当てれる人いないと思います。

安定のてっさ。

1枚食べと2枚食べを検証した結果、

「2枚食べの喜びは、逆に一口分が減ってしまう悲しみを超えない」という結論に至りました。

つまり1枚ずつがおススメということです。

終盤は着物の店員さんがフグを焼きに来てくれます。

これは何ですか?と聞くと

フグのノドです。と。

フグのノドってどの辺?ってなりましたが美味しかったです。

立地はなんとも言えないような本当に変わった場所でした。

こんな場所でビジネスが成功するのかという驚きが常にありました。

どんな料理が出るのか楽しみに携帯(地図)を片手に歩く道中。

秋の気配が漂う中ほろ酔い気分で感想を語りながら歩く道中。

普通に歩けばただの運動。

でもこんな時間さえもプラスに変えてしまう特別感の演出が凄く上手なんだろうなと思いました。

ビジネスって面白いですね。

今日で会員になれたのでまたいつかどや顔で誰かを連れて行きたいなと思います。

関連記事

  1. この道を行けばどうなるものか。

  2. はじめのだんまりクッキング

  3. お笑い好きと繋がりたい

  4. W杯とM1の話

  5. JR神戸線の車窓から

  6. 丹波篠山からの小赤壁