丹波篠山からの小赤壁

金の卵交流会part2にご参加いただいた皆さん。ありがとうございました!

手前味噌ではありますが今回も成功と呼ばせてください。

ここから何か新たな交流が生まれれば大成功です。

たぶんなにかは生まれるでしょう!

皆さん、この前のスクランブル交流会が大成功になるよう頑張ってください笑

今期はこれで終わりのはずでしたが、

委員長あらきさんがもう一回やりたい!と奮起し年末までにもう一度交流会開催予定です。

詳細が決まりましたらまた報告しますので要チェックでお願いしますね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝手に続けているこの週一ブログも始めたころは今週でラストの予定でしたが

最終交流会まで継続することに決めました。

今週はこの土日の僕の日記を書きたいと思います。

枝豆狩り

昨日、土曜日。

枝豆の聖地、丹波篠山市に行ってきました。

高速を降りて田舎道を走りましたが一面枝豆畑だらけでした。

360度枝豆畑!

犬も歩けば枝豆の直売所にあたる状態でした。

地域の産業って面白いですね。

腰ぐらいの高さの枝豆の木?を根元からバッサリ切って

1株に枝豆が40~50個、成っていました。

その枝豆を黙々と木から外す作業。

基本的に黙々系の作業は嫌いじゃない僕。

眉間にしわを寄せた例の表情でひたすら枝豆を狩ってきました。

お昼に枝豆おにぎりと黒豆味噌汁を出してくれましたのがめちゃくちゃ美味しかったです。

こういう経験をすると、生きる上で最も必要な『食』を守ってくれる農家や漁師の方々のありがたさを感じますね。(どの仕事もありがたいですが)

買って帰った枝豆も美味しくてあっという間になくなりそうです。

小赤壁

姫路の白浜あたりを車で走っていると『小赤壁⇒』っていう案内標識みませんか?

三国志にハマったことのある男子なら誰もが近くを通るたびにセンサーが反応していたと思います。

そこで私、本日、忙しい皆さんの代わりに行ってきましたよ。

小赤壁(しょうせきへき)。

(名誉のために言うとお客さんの家が小赤壁の近くだったので「仕事のついで」です。本当です。)

1825年に名付けられたらしいです。
ここから左を向いたら一枚目の景色

写真では伝わりにくいですが完全に映えスポットでした。

180度海!

そして映やしベンチ!

3グループほどがお弁当食べたり、楽しそうに喋ったり、のんびり過ごしていました。

道中はほんまに案内標識を出すレベルなのか不安になるような薄暗い山道を車で上ります。

しかし山頂に着くと駐車場やトイレも整備されていて車も数台停まっていました。

からのこの景色!

この道中の不安と景色のギャップがまた良い!

3回目か4回目のデートにおススメしたいと思います。

彼女がお弁当作って。

唐揚げとブロッコリーと卵焼きとタコのウインナーとミニトマトとおにぎりのやつ。

11月。

ベンチに座って。

お弁当を食べたあと、寒くない?とそっと上着を肩から掛けてあげましょう。

もうこの世界はあなたたち二人だけのものとなります。

天気のいい日に行くのは必須ですので気を付けてください。

夕暮れ時に行っても綺麗そうですね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、昨日と今日の僕の行き先でした。

みなさんもおすすめスポットがあれば教えてください。

ではまた来週!

関連記事

  1. 会員制のフグ料理店へ行った話

  2. 秋襲来??年々激しくなる冷え対策とは?

  3. 大河のように。

  4. やっぱりLIVEは最高だ!

  5. 2022年も半分終わりましたよー。

  6. 金の卵さんに出会えるまで、one more week !!